包茎手術で男の誇りを取り戻す~プライドを捨てない~

ジャンプする人

手術方法を確かめよう

診察

包茎は決して自分だけの問題とは限りません。パートナーに影響を与えることもあります。そのため、手術で治療するのも一つの方法だといえます。一般的に包茎の手術には3種類の方法があります。あくまで真性包茎の時の治療法のため、仮性包茎は別の治療法で治療することが一般的といわれています。どのような治療法で治療するといいかよく把握して、自分にあった方法で治療法を見つけることが大切です。特に一般的な治療法といわれているのが亀頭直下埋没法という方法です。男性器の性感を司るといわれている裏スジの部分を切除しないため、性感にほとんど問題はないようです。この方法は包茎手術の中でも傷跡があまりハッキリとしないといわれ、手術後の見た目にもほとんど影響がないようです。ただ、この手術にはかなりの技術が必要になるため、気をつける必要があります。

複雑な工程を行わずにすむ、手術の方法が、環状切除術といわれる方法です。簡易的な工程だけで手術が済むことからあらゆるクリニックで採用されている治療法の一つです。そのため、包茎手術を早めに済ませたいのならこの方法で手術するのも一つの方法です。性感が減ることもないといわrています。ただ、見た目に問題が起こることが多く、切除した部分から変色が見られるため、どうしても男性器の色が2色になることがあります。そのため、環状切除術により治療する際は、クリニックでよく説明を聞くことが大切だといえるでしょう。